依頼、お問い合わせはWEBまたはお電話で
0120-766-507
受付時間 / 9:00~18:00
定休日 / 土・日・祝日
MENUCLOSE
分析コース
採取分析コース
おまかせコース
ARAちゃん

ARAニュース!

アスベストに関する最新情報を、調査分析の現場からいち早くお伝えします。

ARABlog

2022.06.08

JIS A 1481-3 分析方法のご紹介①  


アスベスト調査分析株式会社【ARA】 調査分析事業部 分析担当です。
分析担当では、引き続き「アスベストの分析方法」について、ご紹介いたします。


アスベスト(石綿)の定量分析の1つに、JIS A 1481-3(X線回折装置法)があります。
定量分析では、物質中に含まれる成分などの量を調べています。


JIS A 1481-3は、X線回折装置を用いて検体中のアスベストの含有率(割合)を調べる分析です。
この含有率は、検量線法という方法で求められます。
より正確な分析結果を得るため、基底標準吸収補正法という方法で補正も行っています。

今回は、これらの方法の中から検量線法についてご紹介いたします。


例えば、リンゴがたくさんあったとします。
たくさんのリンゴを段ボールに分けましたが、いくつ入っているか分かりません。
そのリンゴを1つずつ数えるのはとても大変です。

そこで、リンゴの入っている段ボールの重さから、リンゴの個数を調べてみましょう。

では、どのように調べればよいのでしょうか。
まず、段ボールの中に決まった個数のリンゴを入れ、その重さを量ります。


次に、リンゴの個数を変えて何度か繰り返してグラフを作成します。

すると、このようなグラフが完成します。
完成したグラフをもとに、段ボールの重さからリンゴの個数を調べることができます。


それでは、実際に段ボールの重さを量ってリンゴの個数を調べてみましょう。

段ボールの重さを量ってみると、12.5kgでした。
グラフから読み解くと、リンゴの個数は25個ということが分かります。


このリンゴの個数と段ボールの重さのグラフのように、
異なる2つの単位から作成したグラフの直線を検量線といいます。

段ボールの重さからリンゴの個数を調べたように、検量線を使って調べる方法を検量線法といいます。


以上が、検量線法についてのご紹介でした。
次回は、基底標準吸収補正法についてご紹介いたします。


【ARA】では、JIS A 1481-3による定量分析についても対応しております。
建材中のアスベスト(石綿)の判定についてお困りの際は、ぜひ【ARA】にお問い合わせください。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
皆様の『知りたい』『わからない』に真摯に迅速にお応えできるよう尽力いたします。
ご相談、調査、分析のご下命はアスベスト調査分析株式会社【ARA】まで!
お気軽に0120-76-6507までご連絡ください!

ARABlog
今日のARAトピック

Instagram
今日のARAトピック

youtube
最新情報を動画でお届け!

分析は全国対応、採取・出張調査は
各支店区域内のみ対応。

  • 東京本社
    105-0004
    東京都港区新橋四丁目27番7号 田村町Shinshodoh BLDG4階
  • 埼玉支店
    333-0811
    埼玉県川口市戸塚2-3-10-1F
  • 神奈川支店
    252-0152
    神奈川県相模原市緑区太井143-1
  • 北陸支店
    925-0053
    石川県羽咋市南中央町キ106-39
  • 大阪支店
    532-0002
    大阪府大阪市淀川区東三国2-5-5
  • 福岡支店
    812-0011
    福岡県福岡市博多区博多駅前4-17-15 MODERN BUREAU博多駅前1002
  • 検体送付先
    中部支店/長久手ラボ
    480-1111愛知県長久手市山越505番地
出張調査エリア
各支店より日本全国に対応
依頼、お問い合わせはWEBまたはお電話で
0120-766-5070120-766-507
FAX 0561-76-6508
受付時間 / 9:00~18:00 定休日 / 土・日・祝日

ARAちゃん
ARAニュース!
アスベストに関する最新情報を、調査分析の現場からいち早くお伝えします。

Instagram
今日のARAトピック

youtube
最新情報を動画でお届け!

ARABlog
今日のARAトピック